事故車とは?

「事故車」という言葉は、通常、「事故を起こした車」と連想されるかもしれませんが、中古車の買取価格に影響を与えるのは実際には「事故歴」ではなく「修復歴」です。
「修復歴車」とは、以前に車の骨格部分に損傷を与え、それを過去に修理または交換した車のことを指します。
日本自動車査定協会や自動車公正取引協議会などの団体は、修復歴車を「骨格部位(フレーム)を交換または修復(修正・補修)した車」と定義しています。
具体的には、以下の9つの箇所が該当します。
1.フレーム 2.フロントクロスメンバー 3.フロントインサイドパネル 4.ピラー 5.ダッシュパネル 6.ルーフパネル 7.ルームフロアパネル 8.トランクフロアパネル 9.ラジエターコアサポート。
修復歴がある車は、事故や損傷の状態によっては、価格に影響を与える可能性があります。
たとえ修復が完璧に行われたとしても、一部の買い手は修復歴車を好まない場合もあります。
しかし、全ての修復歴車が問題を抱えているわけではありません。
修復歴のある車を購入する際には、信頼できる販売業者や専門家の意見を参考にすることが重要です。