住宅ローンを組むタイミングや転職するタイミングは慎重に考えるべき

住宅ローンを組むタイミングや転職するタイミングは慎重に考えるべき
住宅ローンを申請するタイミングや転職するタイミングは、注意が必要です。
それは以下のような理由からです。
ケース1:仕事を頻繁に変えている場合
もしも転職が頻繁にある場合、住宅ローンを組みにくくなる可能性があります。
これは、収入の安定性が評価されるためです。
金融機関は、転職した直後の人について「またすぐに辞めてしまうリスクがあるかもしれない」と考えることがあります。
そのため、審査の際には転職の頻度がマイナス要素となることがあります。
ケース2:住宅ローンの融資条件が2〜3年の勤続年数を求められている場合
また、住宅ローンを組むには、2〜3年の勤続年数が求められる場合もあります。
しかし、転職直後ではこの条件を満たせないため、住宅ローンの組み込みが難しくなることもあります。
住宅ローンの審査では、収入の安定性が非常に重要視されます。
転職直後の場合、最近の1ヶ月の収入だけが元になって年収が計算されます。
つまり、ボーナスなどは考慮されず、収入が不安定な状態で審査が行われることになります。
また、勤続年数が1年以上ある場合に比べると、年収が低く算出される可能性があります。
このため、返済能力が低いと判断され、借りられる金額も少なくなってしまうのです。
転職を考えている方には、転職直後に住宅ローンの審査を受けるのではなく、まずは頭金を貯める期間を設けることをおすすめします。
この期間は、新しい職場での安定した収入が得られている状態で、頭金をしっかりと蓄えるための時間を確保できます。
頭金が貯まる頃には、仕事も落ち着いてきていることでしょう。
そして、現在の収入と将来の支出を見据えて、住宅ローンの契約に臨むことができます。
これにより、理想的な状況で住宅ローンを組むことが可能となります。
もちろん、転職直後でも住宅ローンの審査に通ることはあります。
特に、転職の目的が収入の増加を目指すためであったり、以前の仕事と同じ業界に転職した場合などは、審査が通る可能性が高まります。
ただし、一般的には転職直後に住宅ローンを組むことは難しくなる傾向にあります。
参考ページ:転職を考えている時の住宅ローンの申し込みのタイミングはいつ?
転職歴の有無が住宅ローンの審査に与える影響
住宅ローンを申請する際、転職直後であっても、過去の職歴を提出することが求められる場合があります。
転職回数が多くても、ヘッドハンティングによる転職や同じ業界への転職など、収入面に利益をもたらす要素がある場合、審査にプラスの影響を与えることがあります。
特に、グループ会社間での転籍や出向の場合は、単なる転職ではなく人事異動と見なされることもあります。
さらに、同じ業界でのキャリアを積み上げて昇進しているケースでも、住宅ローンの審査において不利になることはありません。
しっかりとした職歴を持つことは、信頼性を高めていると考えられるため、住宅ローンの審査において有利に働くのです。