土地のビフォーアフターサービスで建築イメージを具体的に伝える

土地のビフォーアフターサービスで建築イメージを具体的に伝える
土地や空き地を売却する際には、一般的には平面の写真を撮影してポータルサイトに掲載する方法が主流です。
しかしながら、昔からほとんどの業者が同じ方法で販売を行っており、つまり土地の画像だけをサイトにアップロードしているだけです。
しかし、この方法では建築や不動産に詳しくないお客様には建物のイメージが伝わりにくく、購入に至らないケースも多いです。
このような問題を解決するために、弊社では「土地の状態の画像」(ビフォー)と「建物を建築した場合の画像」(アフター)を比較できるシステムを導入しました。
これにより、更地の状態と建物が建った状態を1枚の写真で比較することができ、購入希望者が具体的なイメージを持ちやすくなります。
そして、このビフォーアフターサービスによって土地や空き地の成約率がアップするという結果を得ることができました。
成功した事例を個別のケースごとにご紹介しますので、土地の売却にお悩みの方はぜひご参考にしてください。
参考ページ:名古屋市土地売却|空き地や土地売却に建物のパースを合成!
ビフォーアフターサービスは専任媒介契約に標準
当社では、専任媒介契約の場合、ビフォーアフターサービスを標準的に提供しております。
こちらのサービスには、さらに360°バーチャルツアーもセットとなっております。
これにより、土地の魅力をより具体的かつ分かりやすくお伝えすることが可能です。
土地は形が見えないため、建築業者やハウスメーカーとのタイアップがなければ、なかなか売却が難しいものです。
しかし、このビフォーアフターサービスによって、その問題も解決することができます。
さらに、360°バーチャルツアーは、まるでグーグルマップのようなイメージで、土地の内部までも視覚的にご覧いただけます。
このように、専任媒介契約においては、ビフォーアフターサービスの提供が当社の標準となっておりますので、ぜひご検討ください。
金額については、詳細をご相談いただくことで、具体的な内容に合わせたお見積りをご提案させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。