車を売る時の手続き【保険関係】

車を売却する際には、保険の手続きを忘れてはいけません。
車の保険は売却後も自動的に解約されることはありませんので、自分で手続きを行う必要があります。
具体的には、自賠責保険と任意保険に関する手続きが必要です。
自賠責保険は、事故を起こした際に加害者の責任を補填し被害者を救済するための保険です。
日本の公道を走る車には自賠責保険への加入が義務付けられており、保険なしの車では公道を走行することはできませんし、車検も通りません。
通常、車検の際に自賠責保険の更新手続きを行い、車検期限と同じか、または車検よりも1ヶ月長い期間の保険を設定しています。
つまり、車を売却しても自賠責保険は自動的に解約されることはありません。
また、自賠責保険の保険料は、車検の期間に合わせて一括で支払われます。