運転に集中できなくなるため

虫や車内に入り込んだ虫がフロントガラスに付着すると、運転に支障をきたす可能性があります。
安全な運転をするためには、しっかりと視界を確保することが重要です。
虫がガラスに張り付いたり、顔の周りを飛び回ると、ドライバーの注意力が低下しやすくなります。
また、車内に入り込む虫は、身体に影響が少ない蚊やハエだけでなく、危険なハチやアブなどもいますので、注意が必要です。
これらの虫が運転手や同乗者に危害を加える可能性もあるのです。
虫は、その生態や季節の影響で車のフロントやボディに付着することがあります。
ただ自然に落ちることは期待できません。
ですので、虫が付着した場合は、洗車などの処理を行って落とす必要があります。
ここでは、車の外観を美しく保つために、虫よけ対策の方法を紹介します。
まず、虫が付着しにくいようにするためには、スピードを抑えた運転が重要です。
虫の死骸が車体に強く当たって付着することを避けるためです。