3つの不動産ポータルサイトへの掲載

不動産ポータルサイトへの掲載とは、具体的にどのサイトになるのか、またそれによってどのようなメリットがあるのかをご説明します
不動産を売却する際には、どのように宣伝してくれるのかが気になることでしょう。
具体的には、新聞折り込み広告の掲載が今でも行われているのか、またインターネット上ではどのサイトに掲載してくれるのか気になることでしょう。
この記事では、3つの不動産ポータルサイトがどのようなものなのか、その疑問にお答えします。
弊社では、売主様から専任媒介契約を受けた物件について、スーモ、Yahoo!不動産、ホームズの3つの不動産ポータルサイトに掲載します
まず、3つの不動産ポータルサイトとはどのサイトを指しているのか説明します。
それは、スーモ、Yahoo!不動産、LIFULLHOME’S(ホームズ)の3つのサイトです。
これらのサイトに物件を登録することで、さらにマイナーなポータルサイトにも自動的に物件が登録されるため、幅広く購入希望者を探すことができます。
これらのサイトの中で、知名度で言えばスーモが最も高くなります。
一方、Yahoo!不動産は、ペイペイユーザーが利用したり閲覧したりするなどしており、多くの人々の目に触れやすいです。
また、Yahoo!のトップ画面からアプリなどをダウンロードせずに見ることができる点も支持を受けています。
さらに、ホームズでは360°のバーチャルツアーも登録できるため、より具体的な物件の魅力を伝えることができます。
以上のように、これらの不動産ポータルサイトへの掲載により、さまざまなメリットがあります。
知名度や利便性に応じて、物件の魅力を広く伝えることができるため、たくさんの購入希望者を獲得することができます。
参考ページ:名古屋市不動産売却|3つの不動産ポータルサイトへの掲載!
不動産ポータルサイトへ掲載する理由
私たちの会社では、売主様から専任媒介契約で依頼を受けた不動産について、積極的に3つの不動産ポータルサイトに掲載します。
この決定をした理由について詳しく説明します。
僕たちは、インターネットショッピングをする際にどのサイトを利用するかを考えることがありますよね。
例えば、最も規模の大きい「楽天市場」、Paypayが利用できる「Yahoo!ショッピング」、発送が迅速な「Amazon」など、さまざまなショッピングサイトがあります。
それぞれのサイトには独自のファン層が存在し、そのサイトでしか買わない人もいます。
私個人としては、僅差で1番はYahoo!ショッピングで、次にAmazonで買い物をします。
ほとんどがこれら2つのサイトで購入することが多いです。
ここで重要なポイントは、私たちが不動産のサイトにも同じような理由で幅広く掲載するということです。
なぜなら、どのサイトに購入希望者がいるのかは分からないため、多くのサイトに掲載することで、より多くの人に見てもらえる可能性が高まるからです。
不動産ポータルサイトへの情報入力は誰が行っているのか問題!
もちろん、私たちが専任媒介契約を取得して不動産の情報をポータルサイトに掲載すると、自動的に所在地、交通、価格、キャッチコピーなどが入力されるわけではありません。
当然のことながら、実際に人間が情報を入力する必要があります。
そして、ここで問題となるのが、情報入力を担当する「人間」なのです。
私たちの会社では、当然のことながら私が情報入力を行います。
売主様と事前に打ち合わせをして、入力する情報について細心の注意を払いながら入力を行います。
そのため、他社と比較しても私たちの入力した情報には差が出てくることがあります。
重要なのはキャッチコピーの入力です!売主の意向を反映させることが大切です
所在や交通などは誰が入力しようが変わりません。
重要なのは、キャッチコピーの入力です。
なぜなら、キャッチコピーは非常に重要な要素であり、注意深く入力する必要があるからです。
例えば、ペット飼育可能なマンションであることを示す頭数の記載が間違っていた場合、売主様から「バルコニーが広いのでキャッチコピーにしてほしい」と指示されていたにも関わらず、それが記載されていない場合、売主様の意向が反映されていないキャッチコピーになってしまいます。
このような状況が起きるのはなぜでしょうか?。